リンパ郭清とは、再発予防のために、がん細胞が転移している可能性のあるリンパ節を切除することです。がん細胞は、血流にのり全身に広がる「血行性転移」と、リンパの流れにのり広がる「リンパ行性転移」があります。リンパ行性転移は、腫瘍組織からリンパが流出する方向に向かって進んでいくので、腫瘍の発症した部位ごとに転移の起こしやすいリンパ節が判明しています(これらのリンパ節を所属リンパ節と呼びます)。廓清(切除)は、この所属リンパ節ごとに行われます。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事