肝臓がん患者さん対象 治療に関するアンケート調査にご協力ください

肺障害


  • [公開日]2018.02.01
  • [最終更新日]2018.02.01

肺障害には、細菌やウイルスの感染、急性肺障害の他に放射線治療に伴う放射線肺臓炎、薬物治療に伴う薬剤性肺障害などがあります。がん治療では放射線治療や抗がん剤治療が行われ、治療中、治療後の肺障害は「息切れ」「咳」「発熱」などの症状で発症しますが、無症状の場合もあります。

薬剤性肺障害とは、薬剤を投与中に起きた呼吸器系の障害のなかで、薬剤と関連があるものと定義されています。薬剤は医師が処方したものだけでなく、大衆薬、生薬、サプリメントなどを含みます。

作成:株式会社インテリム
logo

×