乳がんのサブタイプ分類。
ホルモン受容体陽性タイプは総じてルミナルタイプと呼ばれ、乳がん全体の60~70%程度を占めるもっとも多いタイプ。

ルミナルBタイプには、HER2陰性性タイプと陰性タイプがある。
① ホルモン受容体陽性・HER2陽性タイプ
このタイプは、ルミナルAタイプと同様にホルモン療法が効果的、しかし、ルミナルAタイプに比べ増殖能力が高いため、ホルモン療法に加えて化学療法も行う。

② ホルモン受容体陽性・HER陽性性タイプ
このタイプはホルモン受容体とHER2のどちらも陽性であるため、ホルモン療法と抗HER2療法ともに効果が期待できる。抗HER2療法を行う場合には、化学療法を併用することが推奨されている。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »