希少がんは、1年間に罹患する患者数が10万人当たり6人未満の患者数が少ない「まれ」ながんです。患者数が少ないため、診断・治療経験が豊富な医師や病院を見つけにくく、診断に時間がかかることも多くあります。また、研究が進みにくく、治療法の確立が遅れています。

これらの問題に対処するため、平成26年に希少がんセンターが、国立がん研究センター内に開設され、希少がんの情報集積や治療法など研究開発が進められています。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事