経皮的局所療法は、皮膚から長い針を直接腫瘍に差し込んで行う治療法です。

針を通してエタノールを注入しがん細胞を死滅させる「経皮的エタノール注入療法」、ラジオ波によってがん細胞を焼き殺す「ラジオ波焼灼療法」、アルゴンガスによってがん細胞を凍らせて殺す「凍結療法」などがあります。肝臓がん、腎臓がんの治療に使われますが、最近では、乳がんや肺がんでも使われ始めています。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事