【プレゼントキャンペーン】がん研有明病院 高野先生書籍「がんとともに、自分らしく生きる~希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ~」

徐放製剤


  • [公開日]2016.11.25
  • [最終更新日]2017.10.12

徐放製剤は、徐々に薬物が放出されるように設計した製剤のことです。薬が徐々に放出されることで、血中の有効成分を長期間一定に保つことができるため、投与回数、副作用の軽減につながります。ドキシル(リポソーマルドキソルビシン)は、抗がん剤であるドキソルビシンをリポソームという脂質膜で包むことによって、徐放効果を持たせた製剤です。これにより、ドキソルビシンの主な副作用である、心毒性骨髄抑制が軽減されました。

作成:株式会社インテリム
logo

×