日本癌学会の基本情報

日本癌学会(にほんがんがっかい、英語: The Japanese Cancer Association)は、日本医学会の分科会です。創設は昭和16年4月5日で、その事務局は東京都新宿区信濃町にある財団法人国際医学情報センター内に置かれています。学会総会・学術集会・市民公開講座の開催、学会機関誌の発行をするなど、癌研究の発達を図ることを目的としています。

日本癌学会について

日本癌学会はがんの基礎研究から橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ)、臨床研究まで幅広く研究を行っている組織で、大学や研究機関、医療機関に所属する医学・生命科学の研究者や医師、医療の専門家、企業において医薬品や医療機器開発に関わる研究者などで構成されています。「学術総会の開催」と「学会機関誌Cancer Scienceの発行」が、活動の大きな柱となっています。

日本癌学会のサイト紹介

日本癌学会の概略や歴史の他、学術総会・カンファレンス等のお知らせや、一般の方向けにがんの情報を提供しています。

日本癌学会 http://www.jca.gr.jp/index.html

【一般の方向けがん情報サービス】
がん情報サービス・・・「がん情報サービス」の案内です。http://ganjoho.jp/public/index.html

日本がん治療認定医機構・・・「日本がん治療認定医機構」についての案内です。http://www.jbct.jp/

動画や講演解説・・・市民公開講座のご案内です。http://www.jca.gr.jp/public/course/index.html

情報は変更されている可能性がありますので、最新情報は各自ご確認ください。


人気記事