インフォームドアセントとは、治療を受ける小児患者に対して、治療について理解できるよう分かりやすく説明し、その内容について子ども本人の納得を得ることをいいます。

小児患者を対象とした治験においては、子どもの理解度に応じて臨床試験について丁寧に説明し、子ども自身が発達に応じた理解をもって合意・納得することが重要であり、子どもの人権を尊重した十分な倫理的配慮が必要です。親などの保護者だけに説明するだけでは不十分であり、治験に参加する(治療を受ける)子ども本人にも、年齢や発達に応じた説明が必要と考えられます。最近では小児を対象とした治験のプロトコールにも、インフォームドアセントについて記述されるようになり、アセントの必要性が認識されるようになってきています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »