【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

免疫グロブリン補充療法


  • [公開日]2019.03.18
  • [最終更新日]2019.03.18

免疫グロブリン補充療法とは十分な量の免疫グロブリンあるいは抗体を体内で作ることのできない患者にガンマグロブリンによる補充治療を行うことです。

当初のグロブリン製剤は筋注用のものしかなく、投与には痛みを伴い、投与量が限られていたため、感染のコントロールは不良でした。しかし、1970年代後半から大量投与可能な静注用グロブリン製剤が開発され、十分な血清IgG値が得られるようになり、感染のコントロールが良好となり、無または低ガンマグロブリン血症の患者も健常者と変わらぬ生活を送ることができるようになりました。

×