高ナトリウム血症とは何らかの原因により体内の水分調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が145meq/L以上に上昇してしまう電解質代謝異常症のことです。喉の渇きや興奮状態、痙攣が初期からみられ重症化すると昏睡や呼吸障害を引き起こします。軽度で無症状であれば、飲水のみで改善する場合がほとんどですが重症の場合は点滴で水分を補充して、血液中のナトリウム濃度を下げる必要があります。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »