ホルモン製剤とはホルモンの分泌を促進または抑制する薬剤のことを指します。がんの中には、特定のホルモンによって増殖が促進されてしまう種類のものがあります。そのため、がんの治療にはがんの増殖に関係しているホルモンの分泌を抑制する薬剤を投与する治療が行われます。
ホルモン製剤はがん細胞そのものを攻撃して破壊する薬物ではなく、がんを増殖させているホルモンを出なくしたり、がん細胞がホルモンを取り込む受容体をブロックするなど、がんの発育を阻止するのが特徴で、よく化学療法と併用されます。ホルモン製剤が治療に用いられるがんには、乳がん、子宮がん、前立腺がんなどがあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事