肝炎とは肝臓疾患の一つで、肝臓が炎症を起こし、そのため細胞が障害を受けることによって生じる病気です。肝臓の炎症が6か月以上続いた状態を慢性肝炎をいいますが、さらに炎症が長期化すると肝硬変や肝がんになりやすくなります。慢性肝炎の原因の90%は肝炎ウイルスによるものといわれております。肝炎ウイルスにはA、B、C、D、E型の5つが知られていますが、日本ではB型慢性肝炎が15~20%、C型慢性肝炎が約70%といわれております。感染経路はB型肝炎ウイルスは主に血液や体液、C型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染します。検査は血液検査によってそれぞれの肝炎ウイルスの抗原や抗体の有無を調べます。これらの肝炎の治療薬としては、以前はインターフェロン製剤がよく使用されていましたが、最近C型肝炎ではインターフェロン以外の治療薬が販売されており、高い有効性が示されております。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »