遺伝子変異とは人の細胞内にある遺伝子が先天的または後天的に何らかの異常を来した状態の事です。
先天的な変異は体を構成するすべての細胞に見られるDNAの変異で親から子へ、
世代から世代へと受け継がれていきます。
後天的変異はヒトが生きていく過程において引き起こされるDNAの変異です。
遺伝性変異と違い、一つ一つの細胞のDNAの中で起こり
変異が起こった細胞に由来する細胞のみに受け継がれることです。
後天的変異は、ひとつの細胞が二つに分かれる細胞分裂の際に、
DNAの偶然のミスによってしばしば引き起こされます。
また放射線や毒物といった環境からの要因によって引き起こされることもあります。
すべてのがんはこのように遺伝子が変異することによって引き起こされます。
 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »