がんペプチドワクチンは、がん細胞に特異的なタンパク質の一部(ペプチド)をワクチンとして用いる治療法です。がん細胞特異的なタンパク質の一部(ペプチド)を投与すると、そのタンパク質が発現している細胞を攻撃する免疫細胞が活性化され、がん細胞を攻撃すると考えられています。世界各地で治験が進められていますが、今のところ、承認を得られた製剤はありません。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »