がんの用語辞典インテリム
LINEで送る
Pocket

がんペプチドワクチンは、がん細胞に特異的なタンパク質の一部(ペプチド)をワクチンとして用いる治療法です。がん細胞特異的なタンパク質の一部(ペプチド)を投与すると、そのタンパク質が発現している細胞を攻撃する免疫細胞が活性化され、がん細胞を攻撃すると考えられています。世界各地で治験が進められていますが、今のところ、承認を得られた製剤はありません。

作成:株式会社インテリム
logo

LINEで送る
Pocket