偽陽性とは、本当は病気にかかっていないのに、検査で陽性の結果が出てしまうことをいいます。病気があるかないかを判定する検査には、病気のある者を「陽性」、病気のない者を「陰性」と正しく判定する精度を高めることが求められます。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事