LINEで送る
Pocket

ユーイング肉腫は、骨から発生する悪性腫瘍のひとつです。15歳前後が最も発症しやすく、小児慢性特定疾病の対象となっています。大腿骨、上腕骨、骨盤、肋骨などの体幹部の骨に発症することが多く、痛みや腫れを伴います。治療は、抗がん剤で腫瘍を小さくした後で、手術や放射線照射が行われます。近年の分子生物的な研究の進歩により、第22番染色体のEWS遺伝子に異常が起こると発症することがわかっています。

作成:株式会社インテリム
logo

LINEで送る
Pocket

人気記事