炎症性乳がんは、乳房のリンパ管にがん細胞が詰まって炎症に似た症状を起こす乳がんです。通常乳がんは乳管に発生する悪性腫瘍が原因ですが、その乳管を破って近くの血管やリンパ管にがん細胞が入り込むことがあります。炎症性乳がんではリンパ管に入り込んだがん細胞が増殖して管が詰まり、リンパ液の流れが滞り、そのためまるで炎症を起こしたような症状を呈します。

炎症性乳がんは特殊で乳がんのなかでも発症頻度は低く、しこりとして確認されることはほとんどありません。そのためマンモグラフィーや超音波検査などの画像診断では見つけにくいと言われています。また比較的進行が速いため、早期に治療する必要がある乳がんと考えられています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »