内分泌療法とは、がんの増殖を促進するホルモンの分泌や働きを妨げる薬を用いてがんの増殖を抑える治療法です。乳、子宮体癌、前立腺癌などでは、特定のホルモン(乳癌、子宮体癌は、女性ホルモンであるエストロゲン、前立腺癌は男性ホルモンであるアンドロゲン)の作用により、がん細胞の増殖が促進される場合があります。

そこで、これらのホルモンの分泌を抑える薬や、ホルモンが作用するのを妨げる薬などを用いて治療が行われます。内分泌療法は、一般的な抗がん剤とは異なり、がんの増殖を抑えるだけで、がん細胞を殺すことはできません。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事