薬疹とは投与された薬剤のアレルギー反応により全身に出現する発疹をはじめとする各種の皮膚粘膜病変の事で、急性のものと慢性のものに区分されます。ほとんどの薬疹は、原因の薬剤を中止すれば消失しますが、軽度の反応であれば症状を抑えるためにクリーム剤で治療します。また、重篤な反応に対しては、合併症を予防するために、アドレナリン、ジフェンヒドラミン、またはコルチコステロイドによる治療が必要になることもあります。また、その発疹が薬によるものなのか、どの薬が発疹を引き起こしているかを特定するために、使用している薬を1つずつ中止しなければならないこともあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »