ドキソルビシン塩酸塩とは、アントラサイクリン系の抗腫瘍性抗生物質です。アドリアマイシンと呼ぶこともあります。

ドキソルビシンはストレプトマイセス・ピウセチウスという細菌の培養液から発見されました。
DNAの塩基対間に挿入し、DNAの複製、RNAの合成を阻害することにより、抗腫瘍効果を示します。
悪性リンパ腫の治療で行われるCHOP療法で使われるお薬です。

ドキソルビシンをリポソームという80-100nmのカプセルに詰め込んだドキシルという薬もあり、卵巣がんの治療などに使用されます。ドキソルビシンでは蓄積性の心毒性が現れることが分かっており、生涯の総投与量は500 mg/m2までとされています。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »