補体とは肝臓で合成され血清中に存在するタンパク質の一つで、感染防御など免疫反応に関与する物質です。免疫反応では生体内に侵入してきた細菌やウイルス対して、まず最初に抗体が反応し結合します。しかしそれだけでは細菌やウイルスが破壊されることはありません。 この抗原に対する抗体の反応によって補体は活性化され、病原体を破壊あるいは白血球などの食細胞を呼び寄せて貪食を促します。この一連の反応のことを抗原抗体反応といいます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »