がんの用語辞典インテリム
LINEで送る
Pocket

補体とは肝臓で合成され血清中に存在するタンパク質の一つで、感染防御など免疫反応に関与する物質です。免疫反応では生体内に侵入してきた細菌やウイルス対して、まず最初に抗体が反応し結合します。しかしそれだけでは細菌やウイルスが破壊されることはありません。 この抗原に対する抗体の反応によって補体は活性化され、病原体を破壊あるいは白血球などの食細胞を呼び寄せて貪食を促します。この一連の反応のことを抗原抗体反応といいます。

作成:株式会社インテリム
logo

LINEで送る
Pocket

人気記事