クリニカルシーケンスとは、患者さんのがん細胞の遺伝子に変異があるか網羅的に調べる検査のことです。ある遺伝子の変異が原因でがんが発生した場合、その変異遺伝子の働きを阻害すると、がんの増殖が抑えられます(EGFR変異に対するEGFR阻害薬など)。がん細胞の遺伝子変異を網羅的に検査し、原因遺伝子を特定することができれば、原因遺伝子ごとに阻害薬を選択することが可能となります。これまでは、EGFR阻害薬を投与するか決定するために、EGFR遺伝子の変異のみを検査していましたが、次世代シークエンサーの登場により、複数(数百)の遺伝子の変異を一度に検査できるようになりました。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事