シスプラチンは、白金製剤に分類される抗がん剤です。DNA塩基の間に架橋を形成し、DNA複製を阻害して抗腫瘍効果を発揮する殺細胞性抗腫瘍薬です。

様々ながん腫で使用されており、点滴静注で投与されます。主な副作用は、腎機能障害で、重篤な腎障害のある患者さんには投与できません。その他の副作用には、食欲不振、嘔吐、胃腸の不調や、骨髄抑制、末梢神経障害、難聴、脱毛などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事