シスプラチンは、白金製剤に分類される抗がん剤です。DNA塩基の間に架橋を形成し、DNA複製を阻害して抗腫瘍効果を発揮する殺細胞性抗腫瘍薬です。

様々ながん腫で使用されており、点滴静注で投与されます。主な副作用は、腎機能障害で、重篤な腎障害のある患者さんには投与できません。その他の副作用には、食欲不振、嘔吐、胃腸の不調や、骨髄抑制末梢神経障害、難聴、脱毛などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »