サイクリン依存性キナーゼ4/6阻害薬とは(CDK4/6阻害薬とは)、細胞周期を制御するメカニズムを不能とするサイクリン依存性キナーゼ4とサイクリン依存性キナーゼ6とよばれる酵素を阻害する薬剤となります。

1つの細胞が2つに分裂が進む過程を細胞周期と呼びます。図のように、S期→G2期→M期→G1期という順番で細胞分裂が繰り返されますが、無限に細胞が分裂続けると困るため細胞周期のG1期で抑制しています。しかしながら、サイクリン依存性キナーゼ4及びサイクリン依存性キナーゼ6が関与することにより細胞周期の制御を不能としてまい、無制限に細胞が増殖してしまいます。CDK4/6阻害薬はサイクリン依存性キナーゼ4及びサイクリン依存性キナーゼ6する薬であり、がん細胞の増殖を抑制します。

薬剤一覧
パルボシクリブ(米国商品名イブランス;IBRANCE)
アベマシクリブ
リボシクリブ

サイクリン依存性キナーゼ


人気記事