BRAF遺伝子変異とはBRAFという遺伝子に異常をきたすことです。

 細胞分裂は様々なシグナルのオンとオフの切り替えで調整されており、適切な場合に分裂が活性化します。

 しかしながら、BRAF遺伝子が異常をきたすと上流のシグナルがオフであっても、BRAFがオンの状態となり、無節操に増殖してしまいます。

 BRAF遺伝子変異はメラノーマ(悪性黒色腫)で約60%、大腸がんで約5~15%、肺腺がんで約2%に認められます。

 

BRAF遺伝子変異の説明

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »