抗がん性抗生物質は細胞傷害性抗がん剤の一種です。細菌や真菌などの微生物が産生する物質で、細胞分裂を止め、細胞を死滅させる作用を持っています。作用機序はそれぞれの抗生物質により異なります。「ドキソルビシン」に代表されるアントラサイクリン系の抗生物質は、DNA鎖の間に入り込み、DNAやRNAの合成を阻害したり、トポイソメラーゼIIを阻害することで細胞を殺します。この他に、活性酸素を発生させDNAを切断する「ブレオマイシン」やアルキル化作用によりDNA鎖間に架橋を形成させDNA複製を阻害する「マイトマイシンC」などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »