抗体とは、B細胞というリンパ球が産生する免疫応答に重要な役割を担うタンパク質です。抗体は特定の分子(抗原)を認識して結合します。
体外から異物が侵入してきたとき、B細胞からその異物に結合できる抗体が産生されます。産生された抗体が異物と結合すると、マクロファージなどの異物を貪食する細胞が食べやすくなったり(オプソニン化)、異物の持つ毒性を弱めたりすること(中和作用)などの効果があります。

抗体医薬は、抗体が特異的にタンパク質人為的に結合する仕組みを活用した薬剤です。XXというタンパク質に結合する抗体を人為的に作り出し、XXに結合させることにより様々な効果を発揮します。

*特異的に:特定のタンパク質などを識別することをいいます。

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »