【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

肺胞


  • [公開日]2018.06.07
  • [最終更新日]2018.06.07

肺胞とは、直径0.3mmほどの小さな袋で、周りを毛細血管が網目のように取り囲んでいます。
口や鼻から吸い込んだ空気は気管を通って肺に入ります。気管は左右の気管支に分かれ、気管支の先端には肺胞と言う薄い膜でできた小さな袋が多数ついています。
また、全身をめぐった血液は、肺胞の袋に二酸化炭素をはき出して、、肺胞の中の酸素が血液のなかに取りこまれます。肺胞は左右合せて約7~8億、全表面積は 100m2に達するといわれています。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×