肺胞とは、直径0.3mmほどの小さな袋で、周りを毛細血管が網目のように取り囲んでいます。
口や鼻から吸い込んだ空気は気管を通って肺に入ります。気管は左右の気管支に分かれ、気管支の先端には肺胞と言う薄い膜でできた小さな袋が多数ついています。
また、全身をめぐった血液は、肺胞の袋に二酸化炭素をはき出して、、肺胞の中の酸素が血液のなかに取りこまれます。肺胞は左右合せて約7~8億、全表面積は 100m2に達するといわれています。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »