アドヒアランスとは、患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けることを言います。 従来、 服薬を遵守するという意味でコンプライアンスという言葉が使われてきました。コンプライアンスには「医師の指示に従って」という受動的な意味が含まれており、医師への不信感や薬の副作用への心配などで、患者が一方的に服薬指示を守らないという点が問題視されていました。近年、治療成功への鍵は患者の治療への積極的な参加であり、治療に対する患者の理解、意志決定、治療協力に基づく服薬遵守が必要であるという概念が浸透してきました。治療は医師の指示に従うという考えから、患者との相互理解のもとに行っていくものであるという考えに変化してきたことが、服薬遵守におけるコンプライアンスからアドヒアランスという概念の変化につながっていると考えられます。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事