アブラキサンパクリタキセルにヒト血清アルブミンを結合させてナノ粒子化させた製剤です。パクリタキセルは水に非常に溶けにくく、クレモホール(ひまし油)を添加して溶かす必要がありますが、クレモホールはアレルギー反応を起こすので、ステロイド剤、抗ヒスタミン剤の前投与が必要です。アブラキサンはパクリタキセルをヒト血清アルブミンと結合させることで難溶性を克服したため、クレモホールを使用せず、ステロイド剤、抗ヒスタミン剤の前投与の必要がありません。また、点滴静注にかかる時間も短縮されています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »