セカンドラインとは、手術不可能ながんに対して抗がん剤治療する場合の2番目の抗がん剤治療のことです。2次治療ともいいます。通常、手術不可能な場合の抗がん剤治療は効果が乏しくなるまで、または副作用等により抗がん剤が使えなくなるまで、治療を行います。

 初めの治療(これを1次治療とかファーストラインと呼びます)の効果が乏しくなったなどでその抗がん剤の使用を注した場合、別の抗がん剤治療に切り替えますが、そのことを2次治療とかセカンドラインといいます。その次は、3次治療(サードライン)といいます。

固形がんの治療スキーム

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »