門脈とは胃、腸管、膵臓、脾臓から集めた血液を肝臓に運ぶ静脈のことです。肝門脈とも呼び、肝臓に流入する血液の70%から80%は門脈を介して流入します。特に重要となるが、胃や腸管から吸収した栄養の送り込みです。胃や腸管から吸収された栄養は直接体中の血管(大動脈や大静脈)に入るのではなく、門脈を通り肝臓に運ばれます。肝臓に運ばれた栄養は、分解・合成された後に貯蓄されて、必要な時に体中に送り込まれます。

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »