パクリタキセルとはがん化学療法に用いられる抗がん剤です。太平洋イチイという樹木の樹皮から抽出された成分から精製された薬剤で、がん細胞が増殖するための分裂が完了するのを阻害することで、抗腫瘍効果を発揮する、殺細胞型抗悪性腫瘍剤と呼ばれる抗がん剤です。1997年に発売された「タキソール」やアルブミンとパクリタキセルと結合させた「アブラキサン」などが、卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌、子宮体癌、頭頸部癌、食道癌、血管肉腫、子宮頸癌、胚細胞腫瘍(精巣腫瘍、卵巣腫瘍、性腺外腫瘍)、膵癌など多くのがんの治療に用いられています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »