ネオアジュバントとは手術の前の補助療法という意味で、主に手術の前に抗がん剤による治療を先行することを指し、「術前化学療法」または「ネオアジュバント化学療法(NAC;neoadjuvant chemotherapy)」といいます。薬物療法により、がん病巣のダウンステージングで手術切除をより容易にするとともに、微小転移のリスクを根絶して、治癒率の向上が期待されています。
ただし、薬物療法が奏功しなかった場合、がん病巣の成長により手術切除が不可能となったり、微小転移の可能性が高まるリスクもあります。
臨床的に術前化学療法の有効性が認められているがん腫には、食道がん、膀胱がん、乳がん、喉頭がん、骨肉腫、胚細胞腫瘍、小児固形などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事