乳癌とアルペリシブについて

日本人女性が乳癌になる確立、乳癌で死亡する確立率は1960年代以降、一貫して増加傾向にあります。しかし、マンモグラフィにより早期発見、治療効果予測因子別のプレシジョンメディシン(精密医療)の確立により、乳癌の治療成績は向上しております。

例えば、ホルモン受容体(エストロゲン/プロゲステロン受容体)陽性乳癌の場合、ホルモン療法の有効性が高いことが証明されています。しかし、ホルモン受容体陽性の一部患者は時にホルモン療法に対して治療抵抗性を示します。

この治療抵抗性の原因の約30%は細胞増殖シグナル経路であるPI3Kが過剰活性しているためと考えられている説があり、このPI3KCA変異は一部のホルモン受容体陽性乳癌のOS(全生存期間) に悪影響を与えることが判っております。

そのため、PI3K変異を有するホルモン受容体陽性乳癌患者にはホルモン療法だけでなく、PI3K阻害剤により治療が必要です。問題は、PI3K阻害剤に対するその治療効果は高いものの、奏効を示したその後に癌細胞が抵抗性を獲得しやすい点です。そこで期待されていますのが、抵抗性を克服した次世代PI3K阻害薬である

アルペリシブ

です。フルベストラントはPI3KCA変異型のあるホルモン受容体陽性HER2陰性乳癌患者に対してフェソロデックス(フルベストラント)との併用療法により有効性が証明されております。

アルペリシブの薬剤概要

製品名

未定

一般名

アルペリシブ(alpelisib)

用法用量

未定(アルペリシブとして300mgを1日1回経口投与する)

効能効果

未定(PIK3CA遺伝子変異のあるホルモン受容体陽性再発難治性乳癌)

主な副作用

未定(吐き気、疲労、下痢、皮膚障害など)

製造承認日

未定

アルペリシブの作用機序

PI3Kを阻害することでシグナル伝達の過剰活性を防ぎ、癌細胞の増殖を抑制する。

アルペリシブの最新情報

1)A Phase Ib Study of Alpelisib (BYL719), a PI3Kα-Specific Inhibitor, with Letrozole in ER+/HER2- Metastatic Breast Cancer.

概要

ホルモン療法に対して抵抗性を示したPIK3CA遺伝子変異のあるホルモン受容体陽性転移性乳癌患者に対してフェマーラ(レトロゾール)+アルペリシブ併用療法を投与し、その安全性を検証した試験。その結果、アルペリシブ300mgを1日1回経口投与する用量であるならば安全性に問題はありませんでした。

出典

Clinical Cancer Reserch

配信日

2017年1月

アルペリシブの口コミ

医師のコメント

その他医療関係者のコメント

アルペリシブの治験情報

1)Study Assessing the Efficacy and Safety of Alpelisib Plus Fulvestrant in Men and Postmenopausal Women With Advanced Breast Cancer Which Progressed on or After Aromatase Inhibitor Treatment. (SOLAR-1)

治験の概要

閉経後のアロマターゼ阻害薬による治療を受けたホルモン受容体陽性HER2陰性進行乳癌患者に対して、フェソロデックス+アルペリシブ併用療法、又はフェソロデックス(フルベストラント)+プラセボ併用療法を投与し、PIK3CA遺伝子変異のある患者におけるPFS(無増悪生存期間)を比較検証する治験

治験の期限

2018年1月5日

参照
1)バイエル薬品株式会社プレスリリース
2)患者さんのための乳がん診療ガイドライン


この記事に利益相反はありません。

人気記事