オンコロの可知です。
3月31日にPMDAのサイトの拡大治験情報がアップデートされました。1週間も情報提供が遅れ申し訳ありません。

それによると、「標準治療が不応又は不耐の切除不能な進行又は再発胃がん(食道胃接合部がんを含む)」のオプジーボの拡大治験が開始したようです。

小野薬品工業株式会社とブリストル・マイヤーズスクイブ社は、2016年12月27日に「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」に対するオプジーボの効能・効果に係る製造販売承認事項一部変更承認申請を行ったと発表していますので、早ければ今年中に承認が期待されますが、それを待てない患者さんは拡大試験にて使用することができる可能性があります。

なお、進行胃がん3次治療以降にオプジーボを使用した臨床試験結果は、米国サンフランシスコで開催されている2017 Gastrointestinal Cancer Symposium(ASCO-GI 2017)にて、2017年1月19日に発表されています。詳細は以下をご覧ください。

進行胃がん 3次治療以降としてオプジーボが有望 ASCO-GI2017(オンコロニュース20170120)

では拡大治験にはどうやって参加するの?

では、拡大治験に参加するには??

拡大治験情報は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に掲載されています。なので、興味がある方は以下のリンクをクリックしてみてください。

https://www.pmda.go.jp/review-services/trials/0019.html#2

中ほどの以下の位置に情報が掲載されています。PDFのところです。(このページではクリックできません)

2017y01m19d_204558770

ちなみに、現在は以下の拡大治験が実施している可能性があります。

MPDL3280A:アテゾリズマブ(テセントリク)⇒尿路上皮膀胱癌
ONO-4538:ニボルマブ(オプジーボ)⇒プラチナ製剤抵抗性の再発又は転移性頭頸部扁平上皮がん患者
RO4876646:ベバシズマブ(アバスチン)⇒悪性胸膜中皮腫
AZD2281:オラパリブ(米国商品名リムパーザ)⇒BRCA遺伝子変異を有する進行又は再発卵巣癌
BAY73-4506:レゴラフェニブ(スチバーガ)⇒肝細胞癌
ONO-4538:ニボルマブ(オプジーボ)⇒「標準治療が不応又は不耐の切除不能な進行又は再発胃がん(食道胃接合部がんを含む)」

問い合わせは以下の「治験届出者の連絡一覧」をクリックして、該当の製薬企業の連絡先にお問い合わせしてみれはいかがでしょうか?
*ただし、制度上、患者さんからですと回答できない可能性があります。その場合は主治医等へ相談してみてください。
2017y01m19d_204615998

この情報が、必要な人に届くことを願います。
(ただし、拡大治験の治験薬は無償ではない可能性があるため、注意してください)

記事;可知 健太


人気記事