新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

オンコロ、英エバリュエート社とメディア連携を開始する


  • [公開日]2020.05.28
  • [最終更新日]2020.05.29

オンコロの可知です。

本日より、英国のエバリュエート社とメディア連携を開始しました。具体的にはエバリュエート社が保有する製薬業界メディア「Evaluate Vantage」の和訳及びオンコロへの情報掲載の許諾を頂いております。

エバリュエート社は、製薬・バイオテック業界のマーケット・コンサルティングファームになり、私も、かねてからエバリュエート社が発行するホワイトペーパーにて勉強させて頂いておりました。

EvaluatePharma ワールドプレビュー 2018、2024年への展望 日本語版

また、運営するメディア「Evaluate Vantage」もオンコロの情報ソースの一つであったため、『こういった情報を日本で提供していきたいなあ』と思っていたところ、ひょんなこと(*)から、日本法人スタッフの一人が大学院の研究室の大先輩であることがわかり、アプローチしたことが、この連携につながりました。

これにより、世界の最新のがん情報をよりスムーズにみなさまにお届けできると考えておりますので、ご期待ください。

最後に、本社との調整にご尽力頂いた黒坂宗久氏に感謝いたします。有り難うございました。

※「ひょんなこと」は黒坂氏が以下で述べています。
https://note.com/kurosakalibrary/n/n107c2501711e

Evaluate Ltd.について

Evaluateは、ビジネスインテリジェンスデータベース、カスタムサービス、ニュース記事などを通じて、過去から現在、将来にいたる製薬・バイオテクノロジー市場をより深く理解するために必要な信頼性の高いマーケット情報を提供することで、顧客のビジネス機会を最大化し、適切な意思決定の支援をしています。Evaluateの主な保有データとしては、2026年までに延長されたコンセンサスに基づく独自の医薬品売上予測、比較評価可能な各社財務情報、医薬品開発パイプライン情報や包括的かつ詳細なディール情報、R&Dコスト、成功確率、開発期間および臨床試験結果などがあります。
また、今回の提携に直接関わる「Evaluate Vantage」は、各種受賞歴を誇るエバリュエートのニュースサービスであり、示唆に富む業界動向ニュースと現在および将来における一歩踏み込んだ洞察を提供しています。

Jonathan de Pass, Founder and Chairman, Evaluate Ltd のコメント
「この度3H Clinicalとパートナーを組んで、「Evaluate Vantage」が日本語で利用できるようになることに大きな期待を寄せています。Evaluateは、2008年から日本の主要製薬企業様と緊密に連携してきましたが、このパートナリングによって弊社のサービスがより顧客ニーズに沿うものとなり、さらにはこうした示唆に富むニュースや分析を日本の皆様と共有することができることは、非常に意義深い機会と考えています。」

Lisa Urquhart, Editor, Evaluate Vantage のコメント
「3H Clinicalと協業し、3H Clinicalのもつ日本のオンラインサービスを通じて「Evaluate Vantage」をより広くお届けできることを大変光栄に思います。2007年のサービス開始以来日本で初めて、弊社の受賞歴を誇るニュースや考察記事が日本語でご利用いただける環境をご提供できるようになったことは、とても喜ばしいことです。」

初めての連携記事

新型コロナの感染拡大で新薬の発売に新たな危機 Evaluate Vantage(2020.4.17)より

×

この記事に利益相反はありません。