【第9回 がんと病理診断】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020


  • [公開日]2020.12.18
  • [最終更新日]2020.12.18

毎月第2金曜日に対象のテーマのエキスパートをお招きし、最新の医療情報の講義と、ディスカッションを組み合わせた充実のプログラムである「大阪オンコロジーセミナー」。

「大阪オンコロジーセミナー on the WEB」は、2020年より開始した新たな試みです。

第9回は、筑波大学医学医療系診断病理学研究室 教授の野口 雅之先生をお迎えして、「がんと病理診断」についてご講演いただきました。

講師:野口 雅之(のぐち まさゆき)先生
   筑波大学医学医療系診断病理学研究室 教授

進行:柳澤 昭浩(がん情報サイト「オンコロ」コンテンツマネージャー)

収録:2020年10月29日(木)

オープニングトーク(0:00~)

Q.1 そもそも病理ってなんですか?(0:56~)

Q.2 病理医の仕事はどんなものですか?(6:57~)

Q.3 がん治療における病理診断の重要性について教えて下さい(11:32~)

Q.4 診断に時間がかかるがんにはどのような理由があるのでしょうか?(16:29~)

Q.5 先生が病理医として心がけていることはなんですか?(19:11~)

エンディングトーク(野口先生からのメッセージ)(23:11~)

大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020の全動画はこちら

×

リサーチのお願い