がんの死亡数と罹患数は、人口の高齢化を主な要因として、ともに増加し続けている。人口の高齢化の影響を除いた年齢調整率で見ると、がんの死亡は1990年代半ばをピークに減少、罹患は1980年代以降増加している。がんの生存率は多くの部位で上昇傾向にある。

続きを読む
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:国立がん研究センター がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/index.html


人気記事