日本はX線CT装置の保有台数で世界一を誇る医用画像大国だ。一方、その読影を担う放射線科医の数は米国などに比べて圧倒的に少なく、一部の専門医に負荷が集中している。この状況は病理医も同様だ。
画像診断は治療の出発点となるため見落としは許されないが、専門医は人為的ミスを誘発しやすい苛酷な労働環境で、判断の難しい症例に日々向き合わざるを得ない状況だ。専門医の不在に悩む医療機関も多い。

続きを読む
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/011000049/011300006/?ST=SP-health&n_cid=nbptec_ndhfb

ニュース選定者:可知 健太
引用元:日経デジタルヘルス
http://techon.nikkeibp.co.jp/ndh/SP/


人気記事