会社や家族と、何をどうすり合わせるべきか

砂川さんも「働けるのに治療前に自主退職してしまう方が多い」と指摘し、「がんになっても、休職などの制度も上手に活用し、今の職場を辞めないことが望ましい」と言います。

「まずは今の職場での就労規則や制度を確認しつつ、主治医から病状、治療内容、スケジュールなどを確認し、今後の見通しを伝えて、どのようにすれば働き続けられるか、調整していくことが望ましいです」(砂川さん)

そのために、以下のような行動、対処法が有効だと言います。

続きを読む
http://toyokeizai.net/articles/-/136479?page=3

ニュース選定者:中島 香織
引用元:東洋経済 ONLINE
http://toyokeizai.net/


人気記事