新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

NPO法人 がんのママをささえ隊ネットワーク
ETERNAL BRIDGE


  • [公開日]2020.06.17
  • [最終更新日]2020.06.17

患者会名

NPO法人 がんのママをささえ隊ネットワーク ETERNAL BRIDGE

代表

山田 佳代子
金城(山田)舞(日本乳癌学会認定乳腺専門医・がん治療認定医)

発足日

平成28年10月

患者会について

国立がん研究センターがん対策情報センターが2015年に発表したデータによると、18歳未満の子どもをもつがん患者の発生数は推計で年間56,000人を超えており、その子どもは年間8万7千人と発表されました。

私たちは、専門家からの知識の提供など「一方的な支援」ではなく、同じ母親の立場だからこそ理解できる「母親の目線で母と子に寄り添う支援」を提供するべく、この「ささえ隊」を設立いたしました。

がんと向き合うママとそのお子さん・そしてご家族をサポートするために医師やがん経験者などのママが集まり、毎月ママのための『かたり場』や親子で楽しく参加できるイベントを企画開催しています。

活動内容

1. がんと向き合うママ同士の交流会「かたり場 plus」(毎月1回)
・参加無料
・オンライン参加可能
・カラダが喜ぶお茶&スイーツ付き
・時々スペシャルゲストあり
・毎回がん治療専門医同席

2. ママのがんと向き合う子ども同士の交流会・遊びの会
・専門医師、看護師、当事者によるサポートあり
・オンライン参加可能
・アートセラピー
・読み聞かせ など

3 がんと向き合うママと家族が楽しめるイベント開催(年3~6回)
・味噌づくり
・お料理教室
・コンサート
・工作ワークショップ
・エクササイズ
・家族写真撮影
・クリスマス会 など

4. がんになったママのための行動企画(随時)
・体験談冊子作成
・LINEスタンプ作り
・イベント登壇 など

5. 当事者支援の啓蒙活動(通年)
・講演会
・店頭募金活動
・SNS発信 など

6. がん終末期のママとお子さんの絆つなぎサポート(随時)
・家族写真
・未来への手紙
・ビデオレター
・ママの笑顔や思いを伝える思い出作り
・お子さんへの病状説明のお手伝い
・医師・看護師のサポートあり

7.お子さんやご家族へのグリーフケア
・ボランティアによる調理補助
・ボランティアによる配食サービス
・グリーフキャンプ
・グリーフカード郵送 など

地元福岡から、子育てに追われ、誰にも相談できない中、不安を抱える「がんになったママとその子どもたち」が安心できる場づ
くり・笑顔で生きるきっかけ作りを目標に活動を拡げております。

主な活動エリア

福岡県、日本全国

入会について

がんと向き合うママとそのお子さん、周りでささえてくださる方など、どなたでも対象です。

メッセージ

がん治療中のママは、親にも子にも心配をかけたくない、と一人で不安を抱え込んでしまいがちです。その不安は自然と子どもにも伝わり、子どももその小さな心を痛めていることが多々あります。

子どもを想う母親の気持ちに寄り添ってきたママ医師や、がん治療中のママに寄り添ってきたママ仲間、がん治療中で前を向きたい仲間が、“お母さんの心と子どもの心が、ほんの少しでも安心できる”お話し会やイベントを企画開催しています。

母だからこそわかる想い、治療中だからこそわかる想い、そして子どもへのあふれる母の愛で、お母さんの心も子どもの心も大切にしていきたい、という信念で活動しています。

がんになったからこそ考えてほしい親子の大切な時間、がんになっても絶やしてはいけない親子の絆、こんな時代だからこそ大切にしたい親同士のつながり合いや支え合い、そういうものを一つずつ実現していけたら嬉しいです。

がん治療専門医が常にサポートしておりますが、個人個人が選択された治療に対し否定したり批判したりすることはございません。お一人お一人の選択に寄り添ってまいります。

なお、全てのがんの患者さまが対象です。

一緒に支えていきたい方(ささえ隊)、ともに支え合いたい方(ささえあい隊)、随時募集中です。

その他

*がん治療認定医・がん治療中のママによる講演依頼など受け付けております。
*がん治療認定医・がん治療中のママ・親のがんと向き合った子ども(高校生)によるがん教育依頼など受け付けております。

団体ホームページURL

http://www.sasaetai.or.jp/

問い合わせ先

メールアドレス:info@sasaetai.or.jp

×

リサーチのお願い