団体名

一般社団法人CAN net(キャンネット)

1



ロゴは、がん・病気による「できない」を、多様な人のつながりで「CAN =できる」に変えたいという想いで作りました。


2


 

発足日

平成25年6月

 

代表

杉山 絢子

 

組織運営

「がん・病気になっても、誰もが自分らしく生きられる社会をつくる」を理念に掲げて活動をしています。理念に共感した個人が、それぞれの経験やスキルを持ち寄ってボランタリーに運営しています。旭川・札幌・東京の3ヶ所を拠点として、計60名程の運営メンバーが種々のプロジェクトを運営しています。

 

活動内容

誰もが経験する可能性のある「がん・病気」というライフイベントに対し3つの段階を考えて、活動をしています。(2016年8月時点で1)〜9)の9つのプロジェクトをおこなっています)
1.がん・病気に「なる前」の事前学習
1)病気になる前の学び場「キャンパス(CAN path)」 (旭川、札幌、東京)
2)子供むけワークショップ (東京)

2. がん・病気に「なった時」のガイド役
3)よろず相談窓口「がんコンシェルジュ」(全国)
4)地域リソースマップ「COLORFUL/カラフル」(全国)

3.がん・病気に「なった後」も豊かに生きる選択肢づくり
5)病気×就労 プロジェクト(東京)
6)がん×認知症プロジェクト(旭川)
7)医療×美容プロジェクト(札幌)
8)お見舞いギフトブック(東京)

9)コミュニティる~む「ぽっけ」:旭川で定期開催している地域サロン(1〜3の活動を実施)

3


4


5

対象疾患

がんに関わらず、病気全般に対して活動をおこなっています。また一緒に活動する仲間は、会員制をとっていて、がん・病気を経験していても、していなくても、理念に共感いただける方でしたらどなたでもご参加可能です。
ご興味がある方は、office@can-net.jpまでお問い合わせ下さい。

 

発行冊子

『北海道医療×美容マップ Vol.1』
勇美記念財団のホームページから、全ページを閲覧、PDFダウンロードができますので、是非ご一読ください。

 

http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/data/file/data2_20151006015953.pdf

案内

参考

一般社団法人CAN net(キャンネット)

HP:http://can-net.jp/

 

 


人気記事