「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

オラパリブ

激化する免疫チェックポイント阻害薬開発 PD-L1抗体×CTLA-4抗体に注力 ~アストラゼネカ記者会見より②~

2016.10.31

  • ニュース

10月24日、アストラゼネカ株式会社は、デイヴィド・フレドリクソン新社長の就任後初となる記者会見を開いた。オンコロでは、その内容を3部構成で紹介する。 第1回:第3世代EGFR-TKI タグリッソ 薬 ...

第3世代EGFR-TKI タグリッソ 薬価収載まで290人までが無償使用~アストラゼネカ記者会見より①~

2016.10.28

  • ニュース

10月24日、アストラゼネカ株式会社は、デイヴィド・フレドリクソン新社長の就任後初となる記者会見を開き、「2021年までに売上倍増を目指す」と表明。この中でオンコロジー領域は、この間に売上3倍増を見込 ...

PARP阻害薬;パープ阻害薬

2016.10.26

  • オンコロ辞典

PARP阻害薬とは、PARP(損傷したDNAを修復する酵素の一つ)が機能することを妨げる薬剤のことである。 正常な細胞では、PARP阻害薬がPARPによるDNAの修復作業を阻止しても、他のDNA修復機 ...

BRCA遺伝子変異 (ブッラッカ遺伝子変異 ビーアールシーエー遺伝子変異)

2016.10.19

  • オンコロ辞典

BRCA遺伝子変異とは、DNA修復にかかわるタンパク質を合成するBRCA遺伝子に異常をきたすことです。 DNAは頻繁に異常をきたすのですが、その都度、BRCAタンパクなどにより修復されます。しかしなが ...

乳がん臨床試験(治験)一覧

2016.09.20

  • 臨床試験(治験)一覧

日本で実施中の乳がんの臨床試験(治験)です。Clinical trials.govにて「breast cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)

プラチナ感受性卵巣がん PARP阻害薬オラパリブ(リムパーザ) BRCA変異例でより有効な可能性を示唆 ASCO2016

2016.06.29

  • ニュース

6月3日から7日までシカゴで開催された第52回米国臨床腫瘍学会の年次総会にて、プラチナ感受性卵巣がんの維持療法にてオラパリブが生存が延長し、BRCA1/2変異例でより有効な結果が発表された。

BRCA遺伝子変異検査を受ける40歳以下の乳がん患者が年々増加 JAMA Oncol

2016.06.24

  • ニュース

米国では、BRCA遺伝子に変異がある乳がんのリスクについて関心が高まりつつあり、それを裏付ける調査結果が2016年のJAMA Oncol 誌(2巻6号730-736頁)にて報告された。

がんの臨床試験(治験)一覧

2016.05.25

  • 臨床試験(治験)一覧

このページは本サイトにて掲載している臨床試験(治験)情報を1つにまとめたものです。

オンコロ半年間経過 ~オンコロの意義とは?~

2015.11.16

  • オンコロブログ

オンコロの可知です。 2015年5月15日から開始して半年間経過しました。 まずは、オンコロのWebサイトにご訪問されている皆様に感謝いたします。 オンコロプロジェクトは専任者がいませんので、提供する ...

【募集終了】転移性乳がん対象 PARP阻害薬オラパリブ(リムパーザ)の第3相臨床試験

2015.10.29

  • 終了した臨床試験

本治験は、BRCA(ぶらか、ぶらっか)とよばれる遺伝子に変異を有する転移性乳がん患者を対象に、オラパリブを単独で使用したときの有効性及び安全性を、医師が選択したカペシタビン

手術前後の薬剤治療が終了した乳がん患者 オラパリブ(リムパーザ)の第3相試験

2015.05.14

  • 臨床試験(治験)一覧

十分な局所性治療及び術前補助化学療法又は術後補助化学療法を終了した高リスク生殖細胞系BRCA1/2変異陽性HER2陰性原発乳癌患者に対する術後補助療法としてのオラパリブ(リムパーザ)の有効性と安全性を ...

BRCA1(ぶらっかわん)とPARP(ぱーぷ)阻害薬について

2015.04.28

  • オンコロブログ

火曜日担当のカチです。 最新の臨床試験情報を収集している日々です。 最近、PARP阻害剤っていう分子標的薬の開発の話題が目につきます。臨床試験(治験)も乳がん・卵巣がんで活発ですね。昨日はこのPARP ...

【前立腺がん】 PARP阻害薬オラパリブ(リムパーザ)、DNA修復遺伝子に異常がある患者に効果がある可能性

2015.04.27

  • 臨床試験(治験)一覧

4月18日から22日まで米国にて開催されているアメリカ癌学会(American Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015))にて、 ...

治療歴のある進行胃がん対象 オラパリブ(リムパーザ)とパクリタキセル(タキソール)の併用療法の第3相試験(募集終了)

2015.04.21

  • 終了した臨床試験

*注意:この試験は募集を終了しています。 一次療法後に進行を認めた進行胃癌(胃食道接合部癌を含む)アジア人患者を対象とし、オラパリブ(AZD2281)とパクリタキセルの併用療法とプラセボとパクリタキセ ...