乳がん患者さん対象 発毛状況について記録調査のご協力をお願いします

月間でよく読まれているランキング


  • [公開日]2016.06.24
  • [最終更新日]2018.10.23

  1. 【治験広告】肝がんの患者さんへ 新規免疫チェックポイント阻害薬の治験のご案内

    【治験広告】肝がんの患者さんへ 新規免疫チェックポイント阻害薬の治験のご案内
    本ページは、BeiGeneからの委託による治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 はじめに 本治験は肝がんの方を対象とした新規免疫チェックポイント阻害薬の治験です。 治験参加にはメリ...

  2. 【治験広告】くすぶり型多発性骨髄腫対象 多発性骨髄腫になる前に知ってほしい 新しい抗体薬の治験のご案内

    【治験広告】くすぶり型多発性骨髄腫対象 多発性骨髄腫になる前に知ってほしい 新しい抗体薬の治験のご案内
    本ページはヤンセンファーマ株式会社からの委託による治験広告です。 治験実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載しています。 お問合せはオンコロへ 【アンケートでお問合せ】 ※アンケートに回答いただくと、スムーズ...

  3. 【治験広告】胆管がん対象 選択的FGFR阻害剤の治験のご案内

    【治験広告】胆管がん対象 選択的FGFR阻害剤の治験のご案内
    本ページは米国のIncyte Corporationからの委託による治験広告です。 治験実施医療機関の審査・承認を受けています。 本治験は、 FGFR2の遺伝子検査を実施し、FGFR2遺伝子変異のある胆管がん患者さんに、新しいお...

  4. がん免疫療法の新薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とオプジーボ(ニボルマブ)の違い

    がん免疫療法の新薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とオプジーボ(ニボルマブ)の違い
    免疫チェックポイント阻害薬全般についての情報はコチラ ニボルマブ(オプジーボ)とペムブロリズマブ(キイトルーダ)について オプジーボとキイトルーダの適応状況 昨今話題の免疫チェックポイント阻害薬。2017年9月28日現在、日本...

  5. がんの臨床試験(治験)一覧

    がんの臨床試験(治験)一覧
    このページは本サイトにて掲載している臨床試験(治験)情報を1つにまとめたものです。...

  6. 【治験広告】血液がんの方にお伝えしたい 新規薬剤併用療法の治験のご案内

    【治験広告】血液がんの方にお伝えしたい 新規薬剤併用療法の治験のご案内
    本ページは武田薬品工業株式会社からの委託による治験広告です。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載しています。 お問合せはオンコロへ 【アンケートでお問合せ】 ※アンケートに回答頂くと、ス...

  7. GIST(消化管間質腫瘍)の原因、症状等の基本情報

    GIST(消化管間質腫瘍)の原因、症状等の基本情報
    GIST(消化管間質腫瘍)とは GIST(消化管間質腫瘍)は、主に消化管の粘膜表面より下の筋層に発生する間葉系腫瘍で、手術や生検で組織を確認して初めて診断できます。病理組織診断の前にGISTと診断されることはありません。 多くは粘膜下腫...

  8. 光免疫療法 ~第3相試験LUZERA-301が開始、期待される治療法、臨床応用への最終段階~

    光免疫療法 ~第3相試験LUZERA-301が開始、期待される治療法、臨床応用への最終段階~
    オンコロの可知です。はじめて「光免疫療法」のことを書きたいと思います。ニュース枠ではなく、ブログ枠で書きますが、宜しければお付き合いください。 *続きを書きました。 光免疫療法、その2 ~第3相試験LUZERA-301の情報が公開、...

  9. 【治験広告】初期膀胱がん 「BCG療法の効果が乏しくなった方」対象に免疫チェックポイント阻害剤を使用する治験のご案内

    【治験広告】初期膀胱がん 「BCG療法の効果が乏しくなった方」対象に免疫チェックポイント阻害剤を使用する治験のご案内
    本ページはMSD株式会社からの委託による「初期膀胱がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の臨床試験」の治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の治験審査委員会の審査・承認を受けたものを掲載しています。...

  10. ハザード比 HR Hazard Ratio ハザードレシオ

    ハザード比 HR Hazard Ratio ハザードレシオ
    ハザード比とは統計学上の用語で、臨床試験などで使用する相対的な危険度を客観的に比較する方法です。英語でHezard Ratio、略してHRとも言います。 ある臨床試験で検討したい新薬Aと比較対象の薬剤Bとを比べたとき、ハザード比が1で...

  11. キイトルーダ MSI-H固形がんに適応拡大~がん種横断的な適応、日本初~

    キイトルーダ MSI-H固形がんに適応拡大~がん種横断的な適応、日本初~
    12月21日、MSD株式会社は、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、以下の国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得したと発表した。 ・がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(...

  12. オプジーボ、キイトルーダおよびテセントリクなど、5つの免疫チェックポイント阻害薬の違いを6つのがん種別にまとめてみた

    オプジーボ、キイトルーダおよびテセントリクなど、5つの免疫チェックポイント阻害薬の違いを6つのがん種別にまとめてみた
    オプジーボとキイトルーダの最新治験情報 未治療:肺がん 免疫チェックポイント阻害薬と化学療法及び分子標的薬を併用する治験 未治療:食道がん 抗ガン剤 VS 免疫チェックポイント阻害薬+抗ガン剤 VS 免疫チェックポイント阻害...

  13. がん免疫療法に肥満はプラスかマイナスか

    がん免疫療法に肥満はプラスかマイナスか
    この記事の3つのポイント ・がん種を問わず肥満はがんの促進要因とみなされている ・一方、BMI 30kg/m2超の患者の方が、がん免疫療法の効果がすぐれていた ・疑義はあるが、抗ウイルス反応やワクチン応答に適用される可能性も ...

  14. バリアン社のがん放射線治療システムHalcyon、国内1号機が大船中央病院で治療開始

    バリアン社のがん放射線治療システムHalcyon、国内1号機が大船中央病院で治療開始
    3月27日、株式会社バリアン メディカル システムズは、同社の放射線治療システムHalcyonの日本における1号機を導入した大船中央病院にて、同システムによる治療が開始されたと発表した。 Halcyonは、画像誘導による強度変調放射線...

  15. 【治験広告】造血幹細胞移植を受けられた後に再発した成人T細胞白血病リンパ腫の方を対象とした、TCR遺伝子導入Tリンパ球の治験のご案内

    【治験広告】造血幹細胞移植を受けられた後に再発した成人T細胞白血病リンパ腫の方を対象とした、TCR遺伝子導入Tリンパ球の治験のご案内
    本ページは、長崎大学からの委託による医師主導治験の広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 本ページは、「造血幹細胞移植を受けられた後に再発した成人T細胞白血病リンパ腫の方を対象と...

  16. 臨床開発モニター向け 専門性向上セミナー 治験担当医師に学ぶ「がん」 治療の今

    臨床開発モニター向け 専門性向上セミナー 治験担当医師に学ぶ「がん」 治療の今
    株式会社インテリムと、がん情報サイト「オンコロ」は、医薬品や医療機器等の臨床開発職(特にCRA.、Clinical Research Associate)の「専門性向上セミナーイベント」を東京、大阪、福岡にて計4回共催する運びとなりましたの...

  17. ORR

    ORR
    overall response rate 【解説】全奏効率のことで、がん治療薬などの効果があった患者さんの割合をいいます。通常、画像上で明らかな縮小が確認できる完全奏効(CR)と部分奏効(PR)の合計で表されま...

  18. 上皮性卵巣がん患者に対するAlpelisib+リムパーザ併用療法、奏効率36%を示す

    上皮性卵巣がん患者に対するAlpelisib+リムパーザ併用療法、奏効率36%を示す
    この記事の3つのポイント ・上皮性卵巣がん、乳がん患者に対するAlpelisib+オラパリブ併用療法の安全性、有効性を検証 ・基礎試験では、両剤の相互作用はDNA損傷時の相同組換え修復ステータスに関係なく確認 ・予期せぬ治療関連有...

  19. 遺伝子パネル検査を厚労省部会が了承 -2019年春から夏にかけて販売へ‐

    遺伝子パネル検査を厚労省部会が了承 -2019年春から夏にかけて販売へ‐
    12月13日、厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会にて、「OncoGuide NCCオンコパネル システム」「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」の2つの遺伝子パネル検査が了承された。これにより...

  20. 【ノーベル賞受賞記念スピーチ@京都】本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会

    【ノーベル賞受賞記念スピーチ@京都】本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会
    内容 本庶 佑先生のノーベル医学・生理学賞受賞を記念して“がん患者・家族・遺族、臨床研究者から偉業を称え、感謝を伝える会”を開催いたします。   当日は本庶先生をお招きし、がん情報サイト「オンコロ」に届いたメッセージをまとめた...

  21. 【インタビュー調査】転移のあるHER2陽性乳がん患者さん・患者さんご家族対象 インタビュー調査のお願い

    【インタビュー調査】転移のあるHER2陽性乳がん患者さん・患者さんご家族対象 インタビュー調査のお願い
    2019年4月11日 患者さんの募集は終了いたしました。ご協力ありがとうございました。 ※ご家族の方は引き続き募集をしております。 この調査はZS Associatesより依頼を受け、オンコロにて患者さんおよび患者さんご家族の募集を...

  22. 胃がん臨床試験(治験)一覧 最終更新20180822

    胃がん臨床試験(治験)一覧 最終更新20180822
    2018年8月16日現在で、日本で実施中の胃がんの臨床試験(治験)一覧です。 ■ウイルス由来腫瘍対象 ニボルマブ(オプジーボ)の第1/2相試験 薬剤の特徴:抗PD-1抗体 対象:メルケル細胞がん、胃または胃食道接合部がん、...

  23. 非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ単剤療法の3年追跡調査結果

    非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ単剤療法の3年追跡調査結果
    2019年3月12日、医学誌『The Lancet Respiratory Medicine』にて局所進行性/転移性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ;以下キイトルーダ)単剤療法の有効性、安...

  24. 【治験広告】国立がん研究センター中央病院が主導する希少がんの方を対象としたアレクチニブの医師主導治験(TACKLE試験)のご案内

    【治験広告】国立がん研究センター中央病院が主導する希少がんの方を対象としたアレクチニブの医師主導治験(TACKLE試験)のご案内
    本ページは、国立がん研究センター中央病院からの委託による治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 本ページは、「ALK遺伝子異常を有する希少がんの方を対象としたアレクチニブの医師主導治...

  25. 光免疫療法、その2 ~第3相試験LUZERA-301の情報が公開、局所進行頭頸部扁平上皮がんが対象~

    光免疫療法、その2 ~第3相試験LUZERA-301の情報が公開、局所進行頭頸部扁平上皮がんが対象~
    オンコロの可知です。 昨年書いた「光免疫療法」の記事について、沢山の反響ありがとうございます。 光免疫療法 ~第3相試験LUZERA-301が開始、期待される治療法、臨床応用への最終段階~ 今回、LUZERA-301試験が米国の治験...

  26. 腎細胞がんの新薬カボザンチニブの治験を受ける前に知っておきたい7のこと

    腎細胞がんの新薬カボザンチニブの治験を受ける前に知っておきたい7のこと
    腎細胞がんの新薬カボザンチニブについて 腎臓にできる主ながんは腎細胞がんと腎盂がんの2種類です。前者は尿細管の細胞ががん化したもので、後者は尿路の細胞ががん化したものです。 カボザンチニブは進行性腎細胞がんの患者さんに対して適応...

  27. 【肺がん体験談】新薬が生み出した、未来が輝いている世界へ

    【肺がん体験談】新薬が生み出した、未来が輝いている世界へ
    清水公一さん(41歳) ステージⅣ(診断時はステージⅠb)の肺がんサバイバー。 2児の父。NPO法人肺がん患者の会ワンステップ会員。 *清水公一さんは、2019年4月2日(火)に京都で行われるがん情報サイト「オンコロ」 【ノーベル賞...

  28. 【肺がん体験者】 長谷川一男さん Part2

    【肺がん体験者】 長谷川一男さん Part2
    はじめに ~2回目のインタビューを行った理由~ 長谷川さんと初めて出会ったのは、約3年半前でした。「オンコロ」が生まれてまだ間もない頃のことです。がん患者さんの体験談を掲載していこうと決まり、その企画の中でコンテンツマネジャーの柳澤さんの...

  29. 腎臓がん(腎細胞がん)の転移・再発

    腎臓がん(腎細胞がん)の転移・再発
    腎がんの方対象アンケート実施中 進行または再発の腎細胞がん(腎がん)の方対象で緩和ケアについて、謝礼ありのアンケートを実施しております。詳細は下記をご覧ください。 腎臓がん(腎細胞がん)の転移 腎臓がん(腎細胞がん)は...

  30. 【募集終了】【第2回】ヒト・健康・幸せ研究アンケート ~病院・薬局選びに関するアンケート調査~

    【募集終了】【第2回】ヒト・健康・幸せ研究アンケート ~病院・薬局選びに関するアンケート調査~
    ※このアンケートは終了しました。たくさんのご協力ありがとうございました。 本アンケート調査は、がん情報サイト「オンコロ」と姉妹サイトである生活向上WEBと共同で行われます。 調査目的について ヒト・健康・幸せ研究アンケートとは? 「...

  31. 乳がんの新薬パルボシクリブ(イブランス)の治療を受ける前に知っておきたい7つのこと

    乳がんの新薬パルボシクリブ(イブランス)の治療を受ける前に知っておきたい7つのこと
    <pclass="toc_title"> 目次 1 乳がんの新薬パルボシクリブ(イブランス)について 1.1 2017年9月27日、イブランスが国内承認取得 1.2 サイクリン依存性キナーゼ4/6...

  32. 乳がんの新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の治療を受ける前に知っておきたいこと

    乳がんの新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の治療を受ける前に知っておきたいこと
    乳がんの新薬ベージニオとは ベージニオ(一般名アベマシクリブ) ベージニオとは、サイクリン依存性キナーゼであるCDK4およびCDK6を阻害することでがん細胞が増えることを抑える経口分子標的薬です。2018年11月30日に発売され、乳がん...

  33. 【第15回 非小細胞肺がん動画公開】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts

    【第15回 非小細胞肺がん動画公開】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts
    2019年3月8日(金)に認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構・7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン・特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク・がん情報サイト「オンコロ」が連携し第15回「非小細胞肺がん」セミナーを開催しま...

  34. 【舌がん体験談】すべては夢のために~幾度の手術を乗り越えて~

    【舌がん体験談】すべては夢のために~幾度の手術を乗り越えて~
    ※本記事には手術後の傷跡の写真が掲載されております。ご覧の際はご注意ください。 虫の知らせ?! 2015年7月末、趣味のサーフィンで耳に水が溜まったことから耳鼻咽喉科のクリニックを受診し、舌の異常が見つかりました。自覚症状は全くあり...

  35. 食道がんに光免疫療法の治験開始へ がん研東病院

    食道がんに光免疫療法の治験開始へ がん研東病院
    国立がん研究センター東病院は21日、近赤外光を使ったがん治療法「光免疫療法」による食道がんを対象にした臨床試験(治験)を始めることを明らかにした。 患者の登録を3月にも開始する。 続きを読む https://bit.ly/2G...

  36. 頭頸部がんに対するASP-1929を用いた光免疫療法が先駆け審査指定制度の対象品目に指定

    頭頸部がんに対するASP-1929を用いた光免疫療法が先駆け審査指定制度の対象品目に指定
    この記事の3つのポイント ・頭頸部がん患者に対する光免疫療法として開発中のASP-1929 ・厚生労働省より先駆け審査指定制度の対象品目に指定 ・国内外において頭頸部がんや食道がんで臨床試験が進行中 4月8日、楽天メディカル...

  37. 非小細胞肺がんに対して、キイトルーダまたはテセントリクの化学療法併用療法が承認取得

    非小細胞肺がんに対して、キイトルーダまたはテセントリクの化学療法併用療法が承認取得
    テセントリクとキイトルーダが化学療法と併用可能に 12月21日、中外製薬株式会社は、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名テセントリク)に関して、以下の国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得したと発表した。 ・PD-L1発現にかかわ...

  38. 進展型小細胞肺がんの一次治療でテセントリクと化学療法併用をFDAが承認

    進展型小細胞肺がんの一次治療でテセントリクと化学療法併用をFDAが承認
    3月19日、スイス・ロシュ社は、進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)の成人患者に対する抗PD-L1抗体アテゾリズマブ(商品名:テセントリク)とカルボプラチンおよびエトポシド(化学療法)併用の一次治療を、米国食品医薬品局(FDA)が承認したと...

  39. 【上顎洞がん体験談】生きる気力を失いかけても前向きに生きたい~ステージ4頭頸部がん、試練の連続~

    【上顎洞がん体験談】生きる気力を失いかけても前向きに生きたい~ステージ4頭頸部がん、試練の連続~
    歯槽膿漏?花粉症? 今から2年ほど前のことでした。左上の歯茎がジュクジュクして痛くなってきたので、近所の歯医者に通院しだしたのが始まりでした。 そこでは歯槽膿漏と歯周病ということで、左上の最も悪い歯を一本抜きブリッジを入れて痛みはそ...

  40. 【治験広告】  悪性脳腫瘍の方を対象とした放射性治療薬64Cu-ATSMの医師主導治験のご案内

    【治験広告】 悪性脳腫瘍の方を対象とした放射性治療薬64Cu-ATSMの医師主導治験のご案内
    国立がん研究センター中央病院からの委託による治験広告です。治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 本ページは「悪性脳腫瘍の方を対象とした、放射性治療薬64Cu-ATSMの医師主導治験(STAR-64試験)...

  41. 胃がんキャラバン2019 参加者募集!

    胃がんキャラバン2019 参加者募集!
    胃がん医療のエキスパートによるセミナー  本キャラバンでは、原則、胃がんと向き合う方々への情報発信を主旨とし、薬物療法を中心とする講義に加え、会場から回収した質問票をもとに討議を行う形式で開催いたします。開催各地のニーズに柔軟に対応し...

  42. TikTokで闘病中の心境を発信!?小児・AYA世代の治療を取り巻く環境について

    TikTokで闘病中の心境を発信!?小児・AYA世代の治療を取り巻く環境について
    がんサバイバーのSNS活用法 オンコロの鳥井です。 皆さんは、Twitter、Facebook、Instagram※をはじめとする、SNSは利用していますか? Instagram:無料の写真共有アプリ 私はTwitter...

  43. 特集「膀胱がん」 第1回 ~初発筋層非浸潤性膀胱がんとBCG療法~

    特集「膀胱がん」 第1回 ~初発筋層非浸潤性膀胱がんとBCG療法~
    膀胱がんは、ごく初期に発見して病巣を切除しても再発をくり返すことが多く、固形がんの中でも少し変わった特性があります。そういった膀胱がんの特性や初発膀胱がんの治療について、慶應義塾大学医学部 泌尿器科学教室 専任講師の菊地栄次先生にお話を伺い...

  44. がんの臨床試験(治験)一覧

    がんの臨床試験(治験)一覧
    このページは本サイトにて掲載している臨床試験(治験)情報を1つにまとめたものです。...

  45. 肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴

    肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴
    組織別に治療法が異なる肺がん 肺がんは、がん細胞の形や状態から、大きく「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」に分けられ、非小細胞肺がんは「扁平上皮がん」と「非扁平上皮がん」に、非小細胞肺がんは「腺がん」と「大細胞がん」にわけられます。これを...

  46. 大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts2019 参加者募集!

    大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts2019 参加者募集!
    オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー 認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構 、がん情報サイト「オンコロ」、7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン、特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワークが連携しお届けする共催がん医療...

  47. 乳がん・卵巣がんの新薬オラパリブ(リムパーザ)について知っておきたい5つのこと

    乳がん・卵巣がんの新薬オラパリブ(リムパーザ)について知っておきたい5つのこと
    ※オラパリブ(商品名リムパーザ)は、2018年1月19日現在、「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣がんにおける維持療法」適応にて承認されていますが、未発売となります。しかしながら、アストラゼネカ社は無償提供を開始しており、使用できる可能性が...

  48. 「 胃がんの治療について、なんでも聴いてみよう!」

    「 胃がんの治療について、なんでも聴いてみよう!」
    当日のセミナーライブ配信について 3/27 ライブ配信についての情報を追記しました 当日のセミナーの様子をYOUTUBE上でライブ配信をします。3月30日14:00になりましたら、下記のYOUTUBEチャンネルにアクセスしてください...

  49. 臨床研究 / 臨床試験 / 治験

    臨床研究 / 臨床試験 / 治験
    臨床研究とはヒトを対象とする研究分野のことです。臨床研究の中でも、ヒトに実際に治療法を用いて実施するものを臨床試験といいます。中でも、承認されていない薬剤等を、承認を目的としてデータを集める過程等を治験といいます。...

  50. 【9.10】オンコロ Presents チャリティライブ「Remember Girls Power!!2017」開催決定

    【9.10】オンコロ Presents チャリティライブ「Remember Girls Power!!2017」開催決定
    ※本イベントは終了しました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。 2017年9月10日(日)に小児・AYA世代(15歳~39歳)のがん患者・体験者支援、疾患啓発、研究支援のためのベネフィット(チャリティー)ライブ オンコ...

  51. アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた

    アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた
    血管新生阻害剤(抗VEGF阻害剤)とは、血管新生に不可欠な因子である血管内皮増殖因子(VEGF)が血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)に結合することを阻害することで血管内皮細胞の遊走、増殖を抑制し、血管新生を阻害する。 がんは増殖、転...

  52. がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE)2019 参加者募集!

    がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE)2019 参加者募集!
    オンコロが主催する、がん情報究極のセミナー 昨年に引き続き2019年も開催いたします。ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE)と題した、がん情報サイト「オンコロ」のオフサイトイベントです。 2016年OMCEは...

  53. HER2(はーつー)

    HER2(はーつー)
    HER2とは(ハーツーとは)、細胞の増殖に関与するとされるタンパク質のことです。 正常な細胞にもわずかに存在し、細胞の増殖調節能をになっていると考えられていますが、過剰に発現、活性化することで細胞の増殖制御ができなくなりがん化します。...

  54. 【オンコロリサーチ】患者さんとご家族を対象としたがんの調査紹介ページ

    【オンコロリサーチ】患者さんとご家族を対象としたがんの調査紹介ページ
    オンコロリサーチとは オンコロリサーチとは患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査紹介ページとなります。 オンコロではこれまでに沢山の患者さんやご家族の声を聞いてきました。そのなかで我々は「がん難...

  55. 乳がん患者さんを対象とした 術前または術後補助化学療法実施後の発毛の様子についての調査

    乳がん患者さんを対象とした 術前または術後補助化学療法実施後の発毛の様子についての調査
    ※2019/4/16 参加条件更新しました この調査はオンコロにて患者さんの募集及び調査を実施いたします。 調査目的について この調査は、術前または術後の補助化学療法により脱毛を経験した、乳がん患者さんを対象に、化学療法を終了してから...

  56. 医療大麻を使用する頭頸部がん患者は未使用の患者よりもQOL(生活の質)は良好、心理的苦痛の程度は軽度である

    医療大麻を使用する頭頸部がん患者は未使用の患者よりもQOL(生活の質)は良好、心理的苦痛の程度は軽度である
    この記事の3つのポイント ・頭頚部がん患者を対象に医療大麻による心理的苦痛の軽減効果を検証した前向き試験 ・医療大麻使用群と未使用群にわかれ、QOL(生活の質)と症状について評価した ・医療大麻の使用は患者の心理的苦痛の軽減、QO...

  57. 【治験広告】国立がん研究センター中央病院が主導するミスマッチ修復機能異常のある希少がんを対象としたニボルマブ単剤療法(ROCK試験)のご案内

    【治験広告】国立がん研究センター中央病院が主導するミスマッチ修復機能異常のある希少がんを対象としたニボルマブ単剤療法(ROCK試験)のご案内
    本ページは、国立がん研究センター中央病院からの委託による治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 本ページは、「ミスマッチ修復機能異常のある希少がんを対象としたニボルマブ単剤療法...

  58. 未治療を含む多発性骨髄腫に対するダラザレックス+Rd併用の追加承認を申請

    未治療を含む多発性骨髄腫に対するダラザレックス+Rd併用の追加承認を申請
    この記事の3つのポイント ・未治療を含む「多発性骨髄腫」に対するダラザレックスの追加承認申請 ・海外第3相MAIA試験ではレナリドミドとデキサメタゾン療法への上乗せ効果を検討 ・同試験の結果は第60回米国血液学会年次総会で発表され...

  59. EGFR陽性非小細胞肺がん患者に対するタルセバ+アバスチン併用療法、タルセバ単剤に比べて無増悪生存期間を有意に改善

    EGFR陽性非小細胞肺がん患者に対するタルセバ+アバスチン併用療法、タルセバ単剤に比べて無増悪生存期間を有意に改善
    この記事の3つのポイント ・化学療法治療歴のないEGFR陽性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・タルセバ+アバスチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・病勢進行または死亡のリスクを39.5%統計学的有意に減少 2019...

  60. Karnofsky Performance Status(カルノフスキー パフォーマンス ステータス;KPS)

    Karnofsky Performance Status(カルノフスキー パフォーマンス ステータス;KPS)
    Karnofsky Performance Statusとは(カルノフスキー パフォーマンス ステータスとは)、全身状態をスコア化したものです。 「カルノフスキーの一般全身状態スコア」、「カルノフスキー指数」とも呼ばれ、略語ではKPS...

  61. 局所進行性/転移性PD-L1陽性非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ、PD-L1発現率1%以上の患者でも全生存期間を改善

    局所進行性/転移性PD-L1陽性非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ、PD-L1発現率1%以上の患者でも全生存期間を改善
    この記事の3つのポイント ・未治療の局所進行性または転移性PD-L1陽性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・PD-L1発現率50%、20%、1%以上の患者群で死亡リス...

  62. 【治験広告】  膠芽腫対象、エリブリンの医師主導治験のご案内

    【治験広告】 膠芽腫対象、エリブリンの医師主導治験のご案内
    国立がん研究センター中央病院からの委託による治験広告です。治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 本ページは「膠芽腫の患者さんを対象としたエリブリンの第Ⅱ相医師主導治験(ENIGMA trial)」の...

  63. 悪性胸膜疾患患者に対するメソテリンを標的としたCAR-T細胞ICasM28z、奏効率72%を示す

    悪性胸膜疾患患者に対するメソテリンを標的としたCAR-T細胞ICasM28z、奏効率72%を示す
    この記事の3つのポイント ・悪性胸膜中皮腫などの悪性胸膜疾患患者が対象の第1相試験 ・第2世代CAR-T細胞であるICasM28z胸腔内投与療法の安全性を検証 ・抗PD-1抗体薬投与歴のある11人の患者で、奏効率72%を示した ...

  64. 自主調査「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

    自主調査「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい
    この調査はオンコロの自主調査になります。 調査目的について このアンケートは「がん領域の自由診療の実態調査」となります。 2018年5月、医療広告ガイドラインが改定され、自由診療はじめとする医療の誇大広告は規制されるようになりました。...

  65. 抗PD-1抗体薬治療歴のある切除不能転移性悪性黒色腫患者に対するEntinostat+キイトルーダ併用療法、客観的奏効率19%を示す

    抗PD-1抗体薬治療歴のある切除不能転移性悪性黒色腫患者に対するEntinostat+キイトルーダ併用療法、客観的奏効率19%を示す
    この記事の3つのポイント ・抗PD-1抗体薬治療歴のある切除不能転移性悪性黒色腫などの患者が対象の第1b/2相試験 ・Entinostat+キイトルーダ併用療法の有効性・安全性を検証 ・Entinostatを併用することで抗PD-...

  66. FGFR2融合遺伝子変異を有する進行性胆管がん患者に対するFGFR阻害薬ペミガチニブ単剤療法、客観的奏効率40%を示す

    FGFR2融合遺伝子変異を有する進行性胆管がん患者に対するFGFR阻害薬ペミガチニブ単剤療法、客観的奏効率40%を示す
    この記事の3つのポイント ・FGFR2陽性胆管がん患者に対するFGFR2阻害薬の可能性 ・FGFR2遺伝子変異陽性であれば奏効率40% ・日本では治験が実施中 2018年10月19日~23日までドイツ・ミュンヘンで開催されて...

  67. ー MASTER KEYプロジェクト ー

    ー MASTER KEYプロジェクト ー
      希少がんとは 希少がんは、1年間に罹患する患者数が10万人当たり6人未満の患者数が少ない「まれ」ながんです。患者数が少ないため、診断・治療経験が豊富な医師や病院を見つけにくく、診断に時間がかかることも多くあります。また、研...

  68. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対する1stライン治療としてのDA-EPOCH-R併用療法、無増悪生存期間を統計学有意に改善せず

    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対する1stライン治療としてのDA-EPOCH-R併用療法、無増悪生存期間を統計学有意に改善せず
    この記事の3つのポイント ・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのDA-EPOCH-R療法の有効性を比較検証 ・R-CHOP併用療法に比べて無増悪生存期間、全生存期間も統計学的有意な差...

  69. 肺がん患者さんに絶対に知っておいて欲しい7つのこと

    肺がん患者さんに絶対に知っておいて欲しい7つのこと
    1.肺がんとは 先生、肺がんってなに?僕の友人の人間が肺がんと診断されて、彼のために何かできないか?ってインターネットで「肺がん」について調べていたんだけど、情報があり過ぎて素人の僕には何が正しい情報なのか判断できないんだ。 ...

  70. 「癌」と「がん」の違い

    「癌」と「がん」の違い
    漢字の「癌」と平仮名の「がん」は医学的に使い分けられており、「癌」は上皮細胞(外界と接している細胞:肺がん、胃がん、乳がん等の気管や消化管、乳管を介して外界とつながっていると考える)に由来する悪性腫瘍をさす。 これに対して「がん」はすべての...

  71. オプジーボがMSI-H大腸がんに対する適応追加を申請

    オプジーボがMSI-H大腸がんに対する適応追加を申請
    3月28日、小野薬品工業株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)について、「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸がん...

  72. 無増悪生存期間(むぞうあくせいぞんきかん)-PFS

    無増悪生存期間(むぞうあくせいぞんきかん)-PFS
     無増悪生存期間(PFS)とは、治療中(治療後)にがんが進行せず安定した状態である期間のことです。  進行がんの患者さんにとって治療により生存期間を延長することが最も重要ですが、長期間にわたり病態が安定し生活の質を保つことできることも...

  73. メラノーマ(悪性黒色腫)体験者 徳永寛子さん

    メラノーマ(悪性黒色腫)体験者 徳永寛子さん
    くるくると動く表情豊かな大きな瞳と、そこにいるだけでその場の雰囲気まで明るくしてしまう魅力的な徳永さん。29歳(AYA世代)で悪性黒色腫に罹患されました。彼女が“がん”を通して感じた体や心の痛み。そこから見えた、家族・仲間の大切さ。そしてご...

  74. 大腸がんの種類と分類

    大腸がんの種類と分類
    大腸がんの検査と診断 大腸がん検診(便潜血検査)が陽性の場合や、血便や便通異常などの自覚症状がある場合には、内視鏡検査を行い、大腸がんがあるかどうかを診断します。そのほか、がんの進み具合を調べるためにCTやMRIなどの画像検査も行います。...

  75. 【第16回 ゲノム医療】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts 参加者募集!

    【第16回 ゲノム医療】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts 参加者募集!
    オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー 認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構 、がん情報サイト「オンコロ」、7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン、特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワークが連携しお届けする共催がん医療...

  76. 【乳がん体験談】私ができる“伝えること”をして、がんになっても生きやすい社会へ

    【乳がん体験談】私ができる“伝えること”をして、がんになっても生きやすい社会へ
    認定NPO法人マギーズ東京の共同代表理事で、乳がんサバイバーである鈴木美穂さんは、2019年2月28日「もしすべてのことに意味があるなら がんがわたしに教えてくれたこと」という本を出版しました。鈴木さんは2008年25歳で乳がんに罹患。手術...

  77. 【募集終了】大腸がん患者さん対象の抗がん剤誘発末梢神経障害に関する調査にご協力ください

    【募集終了】大腸がん患者さん対象の抗がん剤誘発末梢神経障害に関する調査にご協力ください
    ※4月8日追記  本調査は募集終了となりました。たくさんの方のご協力ありがとうございました。 ※現在、FOLFOX療法を受けた方のご協力者が不足しております。 条件に合う方がいらっしゃいましたら、ご協力をお願いいたします。 調査目的につ...

  78. 5/18(土)開催 インテリム・オンコロジーセミナー 「~Precision Medicineの確立を目指した最新の大腸癌診療~」

    5/18(土)開催 インテリム・オンコロジーセミナー 「~Precision Medicineの確立を目指した最新の大腸癌診療~」
    注:この記事は、製薬企業及びCROに勤めている方向けです。 臨床開発モニター等の現場の疑問に答えるセミナー インテリム・オンコロジーセミナーとは、オンコロジーに携わられている臨床開発モニター・MSL・MR・CRCなどの皆様を対象としたセ...

  79. 免疫療法について解説したマンガ「免疫のシゴト」公開

    免疫療法について解説したマンガ「免疫のシゴト」公開
    免疫療法のマンガ がん治療における、第4の治療法として注目を集めている、免疫療法の働きについてまとめたマンガを公開いたします。メディカルアドバイザーを慶応義塾大学医学部先端医科学研究所 河上 裕先生、監修を北里大学医学部新世紀医療開発セン...

  80. 治療歴を有する非小細胞肺がん患者に対するオプジーボ、4試験の統合解析から長期間生存率を発表

    治療歴を有する非小細胞肺がん患者に対するオプジーボ、4試験の統合解析から長期間生存率を発表
    この記事の3つのポイント ・治療歴を有する進行非小細胞肺がん患者が対象の4つの臨床試験を統合解析 ・オプジーボの長期的なベネフィットなどがその後の全生存期間に及ぼす影響を評価 ・全患者の4年生存率は14%で、PD-L1発現率が1%...

  81. ER陽性の遠隔転移なし乳がん「遺伝子検査による術後再発予測で化学療法コスト減」を米国の典型的臨床現場を舞台に検証

    ER陽性の遠隔転移なし乳がん「遺伝子検査による術後再発予測で化学療法コスト減」を米国の典型的臨床現場を舞台に検証
    この記事の3つのポイント ・乳がん遺伝子検査は医療費の抑制につながるとされている ・米国の初診乳がん患者を「RS検査の有無」などで分類 ・高リスク集団では、全医療コストと化学療法コストの低減につながった 遠隔転移のないエスト...

  82. 肺がんの臨床試験(治験)一覧 最終更新20180822

    肺がんの臨床試験(治験)一覧 最終更新20180822
    2016年3月10日現在で、日本で実施中の肺がんの臨床試験一覧です。Clinical trials.govにて「lung cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)...

  83. 余命を超えたブログ「久美子ママ」 末期がん闘病のつらさ、ユーモアに包み

    余命を超えたブログ「久美子ママ」 末期がん闘病のつらさ、ユーモアに包み
    世の中にはむごい「宣告」がある。「あなたの命は長くてもあと3カ月です」。ある日突然、医師からこんな言葉をかけられたら、あなたはどうするだろう? 続きを読む https://www.circl.jp/21938 ニュース...

  84. 希少がんMeet the Expert 第2回 GIST(消化管質腫瘍)書き起こし~講義 前編~

    希少がんMeet the Expert 第2回 GIST(消化管質腫瘍)書き起こし~講義 前編~
    スピーカー 国立がん研究センター中央病院 病院長 西田 俊朗 ■開会挨拶 ■講演 前編 ■講演 後編 ■ディスカッション 西田) 皆さんこんばんは。西田です。よろしくお願いします。 この後GISTの話を、これま...

  85. 働きながら 家族の闘病生活を支えるとき

    働きながら 家族の闘病生活を支えるとき
     がんは身近な病気です。家族の誰かががんになることもあります。がんと言われたら動揺し、さまざまな心配ごとを抱えます。患者本人と同様、精神的に大きな負担がかかり、押しつぶされそうになります。  本書では、家族の誰かががんになって、治療生...

  86. がん患者における せん妄ガイドライン 2019年版 出版

    がん患者における せん妄ガイドライン 2019年版 出版
     こんにちは、メディカル・プランニング・マネジャーの川上です。  みなさんは、「せん妄(せんもう)」という言葉を聞いたことがありますか?医療従事者の方であればご存知かもしれませんが、患者さんやご家族の方々のなかには、初めて聞く方もいら...

  87. 肺がん体験者 長谷川一男さん

    肺がん体験者 長谷川一男さん
     2010年に肺がんのステージ4 余命10か月を言い渡された長谷川さん。  がん発見から告知までの経緯、心境の移り変わり、家族への想い、そして患者会の設立。  がんと関係ある方もそうでない方も、全ての方に読んでもらいたいインタビューです...

  88. 舌がん体験者 實原 和希さん

    舌がん体験者 實原 和希さん
    名前:實原 和希(じつはら かずき) 年齢:27歳 性別:男性 居住:東京 職業:事業主 がん種:舌がん経験者 今回、オンコロさんから、がん体験談募集のお話をいただきました。罹患してから2年弱経ちますが、自分自身でこの貴重な...

  89. 非小細胞肺がん キイトルーダの長期生存率25%を弾き出す治癒モデル

    非小細胞肺がん キイトルーダの長期生存率25%を弾き出す治癒モデル
    非小細胞肺がん キイトルーダの長期生存率25%を弾き出す治癒モデル~がん免疫療法の登場で余命の捉え方に変化、長期的な臨床転帰を予測する独自モデルが必要~ プログラム細胞死受容体リガンド1(PD-L1)発現陽性で治療歴のある非小細胞肺がん(...

  90. 【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

    【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~
    名前:三木 正裕 年齢:68歳 性別:男性 住所:神戸市 職業:調理師(現在も介護施設厨房で勤務しています) がん種:肺がん(扁平上皮がん) 現在のステージは4。再発のため2017年6月からキイトルーダで治療中です。 自身が...

  91. メラノーマ(悪性黒色腫)とは(疾患情報)

    メラノーマ(悪性黒色腫)とは(疾患情報)
    メラノーマ(悪性黒色腫)とは 皮膚悪性腫瘍の1つであるメラノーマは、皮膚のメラニン色素を産生するメラノサイト、またはホクロの細胞である母斑細胞が悪性化した腫瘍です。発生原因や病型、発生部位、患者数などは、人種による疫学的な差が大きいの...

  92. 肺がんに対する5種類のALK阻害薬の違いザーコリ、アレセンサ、ジカディア、ローブレナ、ブリガチニブ

    肺がんに対する5種類のALK阻害薬の違いザーコリ、アレセンサ、ジカディア、ローブレナ、ブリガチニブ
    ALK阻害薬とは 未分化リンパ腫キナーゼ(略称ALK;以下ALK)融合遺伝子は、非小細胞肺がんの約3~5%に認められ、非小細胞肺がんのなかでも腺がんに特異的にみられる遺伝子である。ALK融合遺伝子はがん細胞の増殖に関わる遺伝子のなかでも特...

  93. 【第49回 肉腫(サルコーマ)~診断・治療~】希少がん Meet the Expert 2019 参加者募集!

    【第49回 肉腫(サルコーマ)~診断・治療~】希少がん Meet the Expert 2019 参加者募集!
    オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー “まれ”な”がん”のことを”希少がん”といい、人口10万に6人未満のがんのこととされています。その種類は200にも及ぶとされています。そのような背景から、情報も少なく、また病気や治療について学ぶ...

  94. 多発性骨髄腫の新薬イサツキシマブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

    多発性骨髄腫の新薬イサツキシマブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと
    多発性骨髄腫の新薬イサツキシマブについて 多発性骨髄腫の治療はベルケイド、レブラミド、サレドなどの新薬が発売した2000年代前半を機に、その治療成績は劇的に変化しました。新薬が出る前の多発性骨髄腫のOS(全生存期間)は3年前後でしたが...

  95. 遺伝子変異量(TMB)

    遺伝子変異量(TMB)
    遺伝子変異量(TMB: Tumor Mutation Burden)とは、がん細胞が持っている遺伝子変異の数です。 がん細胞と正常細胞の遺伝子配列を比較し、がん細胞にいくつ遺伝子変異が入っているかを調べます。単位としては、百万個の塩基(メ...

  96. 第2回:臨床開発モニター向け 専門性向上セミナー 治験担当医師に学ぶ「がん」 治療の今

    第2回:臨床開発モニター向け 専門性向上セミナー 治験担当医師に学ぶ「がん」 治療の今
    株式会社インテリムとオンコロでは、2019年春から秋にかけて、医薬品や医療機器等の臨床開発職(特にCRA、Clinical Research Associate)の「専門性向上セミナー」を東京、大阪、福岡にて計4回共催します。 第2回は、...

  97. 複数治療歴のある卵巣がん患者に対するニラパリブ単剤療法、客観的奏効率28%を示す

    複数治療歴のある卵巣がん患者に対するニラパリブ単剤療法、客観的奏効率28%を示す
    この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある相同組換え修復異常陽性卵巣がん患者が対象の第2相試験 ・ニラパリブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は28%など良好な抗腫瘍効果 2019年4月1日、医学誌『The L...

  98. TACE;肝動脈化学塞栓術;transcatheter arterial chemoembolization

    TACE;肝動脈化学塞栓術;transcatheter arterial chemoembolization
     TACEとは肝臓がん(肝がん)の治療法の一つで、肝動脈化学塞栓術(transcatheter arterial chemoembolization)の略です。 肝がんは、進行すると肝動脈の血流が豊富になり、腫瘍への栄養を供給するようにな...

  99. 術前補助化学療法;NAC;NeoAdjuvant Chemotherapy

    術前補助化学療法;NAC;NeoAdjuvant Chemotherapy
    術前補助化学療法とは手術の前に抗がん剤の投与による治療ことです。英語でネオアジュバント化学療法(NAC;NeoAdjuvant Chemotherapy)と言います。 手術前に抗がん剤を投与して、がんを小さくさせることで、がんの切除を可能...

  100. 多発性骨髄腫の新薬ベネトクラクスの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

    多発性骨髄腫の新薬ベネトクラクスの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと
    多発性骨髄腫の新薬ベネトクラクスについて 多発性骨髄腫における治療はベルケイド、サレド、レブラミドの新規薬剤の登場で大きな変革が起きました。 多発性骨髄腫が未だに治癒困難な病気であることに変わりはありませんが、この3剤の新薬の登...

×