ニュース

閉経後ホルモン受容体陽性HER2陰性乳がん レトロゾールとパルボシクリブの併用療法の有効性を示唆 ASCO2016

ホルモン受容体陽性閉経後乳がん 術後補助療法 アロマターゼ阻害薬10年間投与することにより再発リスクを低減 ASCO2016

小細胞肺がん 新規抗体薬物複合体Rova-T 有効性を示唆 DLL3をターゲット ASCO2016

プラチナ製剤治療歴を有す頭頸部扁平上皮がん オプジーボの有効性を示唆 ASCO2016

多発性骨髄腫 ベルケイド/デキサメタゾンにCD38抗体ダラツムマブを上乗せすることは有効 ASCO2016

悪性脳腫瘍 高齢の神経膠芽腫患者に対してテモダールを用いた放射線化学療法が有効 ASCO2016

コラム

オンコロの可知です。

先月、メルマガも本格的に開始し、新卒2年目の従業員「海東」が奮闘しております。お粗末なことも起きており申し訳なく思いますが、あたたかく見守って頂ければ幸いです。

さて、ASCO2016終了しましたが、今年も様々な発表がありました。

その中で、私が一番気になった演題は、「ステージ3~4肺がんの医療現場に、あるアプリを導入するだけで、死亡リスクを30%軽減する(LBA9006)」というものです。

この凄さわかりますか?

医薬品を開発するのに1000億はかかると言われていますが(そして失敗の終わることも多い)、アプリ開発は臨床試験のコスト入れても数億ではないですかね?それが生存期間を統計学的な有意差を付けて延長。しかも、ハザードレシオ0.7、p=0.0025って。。。

おそらくアプリがすごいのではなく、医療チームが遠隔モニタリングを行うことをアプリが支援したということだと思います。医師の負担は週に60症例で15分!!ほんとかいな?とは思っています。

ちなみに、この演題はプレス向け演題の一つにも関わらず、日本のメディアはどこも報道していないはずです。オンコロでは、このアプリを開発したフランスの会社に色々と問い合わせていますが、返事がないため(悲)、そろそろUPする予定です。詳細は記事をお待ち下さい。

それでは良き1週間を(あっ、1周年イベントも今週の土曜日です。宜しくお願いします)

ピックアップニュース

がんを正しく恐れること(上)~がんは検診さえしておけばよいというのではない~

末期がんで“苦しまない最期“を迎える!? がん患者の8割が「悪液質」で痩せ衰える

小林麻央さんの乳がん発表で「私も検診行こう」の声 セルフチェックするには?

「がん治療と仕事の両立」(視点・論点)

手術後の経過報告(ノ)・ω・(ヾ)術後3日目!,[丸山夏鈴さんのブログより](59)

ASCO Direct 2016より(6月6日分)

ASCO Direct 2016より(6月5日分)

【オンコロの最新情報はこちらから】

オンコロのフェイスブックでは最新情報を随時更新しております。
https://www.facebook.com/ct.oncolo/

■オンコロは、株式会社クリニカル・トライアルが運営するがん情報サイトです。

※このメールマガジンはメルマガ登録をされた方にお届けしております。

※メールマガジンの配信先の変更、停止はこちら

※オンコロへのご意見・ご質問・お問い合わせはこちら

■オンコロ https://oncolo.jp/

■編集・著作・発行 株式会社 クリニカル・トライアル(英名:Clinical Trial Co., Ltd.)
https://www.clinical-trial.co.jp/