がんと・ひとを・つなぐ オンコロ

お電話受付時間 10:00~20:00(月~土)フリーコール0120-963-787
悪性中皮腫の治験にご協力ください。 悪性中皮腫の治験にご協力ください。

※ 本ページは杏林製薬株式会社からの委託による治験広告となります。

お申し込み

悪性胸膜中皮腫とは

悪性胸膜中皮腫は、胸膜(胸腔や肺の表面を覆っている薄い組織層)から悪性の細胞(腫瘍)が発生するがんです。この病気になる人の多くは、アスベストを吸入したり飲み込んだりすることの多い環境で勤務または生活していた経験があるといわれており、発病するまでにはおよそ20年から40年かかるといわれています。

悪性胸膜中皮腫

主な症状

胸痛、
背部痛

大量の胸水の
貯留による胸痛・
呼吸困難

体重
減少

現在行われている治療法 現在行われている治療法

化学療法

外科手術療法

放射線治療

これらの治療方法で十分な効果が認められなかったり、治療後に再発してしまったり、治療法に悩んでいる患者さんが多くいます。新しい治療法として、遺伝子治療を開発しています。

今回は、「がん遺伝子治療の治験」についてご紹介します。今回は、「がん遺伝子治療の治験」についてご紹介します。

今回の治験製品のしくみ今回の治験製品のしくみ

※この治験で使用するのは、「再生医療等製品」に該当するため、「治療薬」ではなく「治験製品」といいます。

今回は、「がん遺伝子治療」の治験です。がん細胞を死滅させるがん抑制遺伝子を、運び手(ベクター)を用いてからだの外からがん細胞内に入れる治療法です。この治験で使用される治験製品は、がん抑制遺伝子の運び手(ベクター)にアデノウイルスを用いているため、アデノウイルスベクターと呼ばれます。

がん治療のための機能を持つ遺伝子

アデノウイルスの遺伝子の一部を変化させることでがんを治療する機能を持ち体内で増殖しない安全なウイルスに変化させる。
※治験製品は基準を満たした製造所で作られています。

がん治療のための機能を持つ遺伝子

アデノウイルスの遺伝子の一部を変化させることでがんを治療する機能を持ち体内で増殖しない安全なウイルスに変化させる。
※治験製品は基準を満たした製造所で作られています。

治験製品

アデノウイルスベクターが、がん抑制遺伝子をがん細胞に運び、その遺伝子を導入させることでがん細胞を死滅させることが期待されている。

治験製品
がん細胞とは
がん細胞とは

アデノウイルスを用いた遺伝子治療により体内で起こると期待されることアデノウイルスを用いた遺伝子治療により体内で起こると期待されること

アデノウイルスとは:

風邪などの呼吸器障害を起こすことが多いウイルスで、遺伝子治療における、遺伝子の運び手(ベクター)として最も広く使用されており、その優れた安全性が確認されています。

例1

遺伝子変化させたアデノウイルスをがん細胞に導入(感染)させる

変化したがん細胞

遺伝子変化させたアデノウイルスをがん細胞に導入(感染)させる

矢印
矢印

遺伝子変化したアデノウイルスががん細胞に感染したことでがん細胞は自滅。

自滅するがん細胞

遺伝子変化したアデノウイルスががん細胞に感染したことでがん細胞は自滅。

例2
例2の説明 いろいろな細胞

アデノウイルスは、がん細胞以外の細胞にも感染する。感染した細胞は「がん細胞を攻撃する免疫細胞」をパワーアップするタンパク質を出す。

矢印 活性化した免疫細胞

自滅しなかったがん細胞も活性化した「がん細胞を攻撃する免疫細胞」に倒される。

例3

がん細胞は死ぬときに自分の情報を落としていく。がん情報を集める細胞がそれを受け取り、「がん細胞を攻撃する免疫細胞」に知らせることで攻撃を後押しする。

自滅するがん細胞
矢印
矢印 免疫細胞

スケジュール

スケジュール
スケジュール
お申し込み

参加条件

ご参加いただける方

  • 悪性胸膜中皮腫と診断されている方
  • 下記地域の指定された医療機関に入院・通院が可能な方
    (東京都中央区、兵庫県西宮市、岡山県岡山市、山口県宇部市)など

治験に参加いただくためにはこの他にもいろいろな基準がありますが、それらは治験を担当する医師が症状や治療状況などから判断します。場合によっては、上記の基準をすべて満たしている方でも、治験に参加できないこともあります。

治験に参加いただくためにはこの他にもいろいろな基準がありますが、それらは治験を担当する医師が症状や治療状況などから判断します。場合によっては、上記の基準をすべて満たしている方でも、治験に参加できないこともあります。

治験とは

新しい薬剤や再生医療等製品の候補が、病気に対して、「どのくらい効果があるか」、「安全であるか」を調べることを「治験」といいます。現在、全ての薬剤や再生医療等製品は治験のデータをもとに厚生労働省で承認され、販売されています。

治験期間中の費用について治験期間中の費用について

あなたがこの治験に参加している間の治験製品の使用にかかる費用や治験に必要な検査、画像診断等にかかる費用は、この治験を依頼している杏林製薬株式会社から支払われます。

  • 診察料、通常使用されている薬剤費やその他の処置の費用は、通常の健康保険制度に従いあなたに負担していただくことになります。
  • 治験参加に伴う交通費等の患者さんの負担を軽減するため、治験参加のための来院および入退院ごとに負担軽減費をお支払いします。
お申し込み
Page top icon