骨の肉腫の1つ。主腫瘍が軟骨を形成するもので、骨肉腫についで多い骨の悪性腫瘍。骨肉腫と比較して、転移を起こしにくく、腫瘍は比較的ゆっくりと大きくなる。40歳代以上の比較的高齢の方に発症。好発部位は大腿骨、骨盤、上腕骨など。治療は基本的に手術が中心となり、抗がん剤や放射線治療は効果が乏しい。軟骨肉腫にもさまざまな悪性度やタイプがある。
最も多くみられる症状は、腫瘍のある場所の腫はれや運動障害。痛みの少ない、硬い腫しゅりゅう瘤(かたまり)として気づくことがある。また、骨折によって起こる痛みで気づくこともある。
治療の主体は手術であり、症状や種類、病気によって放射線治療と抗がん剤治療の効果が追加されることもある。

×