セカンドオピニオンとは現在の自分の病状や治療方針について他の医師の意見を求めること。
患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めること。
担当医を替えたり転院したりすることは必須ではなく、まず、ほかの医師に意見を聞くことがセカンドオピニオンです。
医師は自分が最もよいと思う方針を勧めるが、別の立場の医師からも意見を聞けば、治療法について具体的な比較ができ、より適した治療法を患者さん自身が選択することできる。

×