赤芽球癆(せきがきゅうろう)とは、赤血球になる前段階の赤芽球という血液細胞やその前駆細胞が障害され赤血球の産生が抑制され、顔色不良、息切れ、動悸どうき、倦怠感などの貧血症状を引き起こす疾患です。大きく分けて先天性と後天性に分類され、後天性はさらに急性と慢性に分類されます。後天性赤芽球癆の原因は様々で、基礎疾患を有しない特発性のものと、胸腺腫や悪性リンパ腫などのリンパ系腫瘍や自己免疫疾患感染症由来、薬剤性などの続発性に分類されます。急性型の多くは感染症および薬剤によるものが多いとされています。薬剤による赤芽球癆の初期治療はその原因となる被疑薬剤の中止です。治療薬としてエリスロポエチンの投与により、原因薬剤の中止後1カ月以内に改善することが多いとされています。胸腺腫から発症していると考えられる例では、胸腺摘出術によって約半数に改善がみられます。貧血が高度で日常生活に大きな影響が出ている場合には赤血球輸血を考慮します。赤芽球癆の診断後1 カ月を経過しても貧血の自然軽快がみられない場合、そして基礎疾患の治療によって貧血が改善しない場合には免疫抑制療法を考慮します。

 
作成:株式会社インテリム

×